支部長の想い

 私が自動車をカッコいいなあと最初に思った時から随分時代が過ぎ去りました。
1970年頃のモーターショーに父に連れて行かれたのが最初の衝撃でした。あれから、40年以上が経ちその当初の未来のクルマがもう既に過去のものになっています。21世紀になり技術の進歩によりデザインだけではなく自動車の性能も格段に進化しています。クルマは眺めるのも楽しいですが一緒に暮らして初めて良さが判ってきますね。社会人になって初めて買ったクルマ、デートで乗ったクルマ、結婚して子どもが出来て送り迎えに乗ったクルマ、熟年になって2人で憧れの高級車で人生を振り返り喜びを味わえるクルマ・・・

 ひとの成長と共に愛車暦も変化していきます、その自動車もメンテナンス無しでは確実に人間以上に弱っていきます。普段から点検整備をして愛情をこめて優しく接すれば事故も無くいつまでも愛車と仲良く快適に過ごせると思います。自動車も家族の一員です。長く一緒に居たいものです。

神戸西支部 支部長 木下荘一